半月板損傷とはどんなものか

半月板損傷とはどんなものか

半月板は、膝関節内部の内側と外側に一枚ずつあるC型の板です。

この板は膝関節の動きをスムーズにしたり、膝を動かす時に膝関節を安定させたりすると共に、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッションの役割を果たします。

半月板損傷とは、膝を曲げながらひねった時などに半月板の一部分または全体が損傷することです。

スポーツでの怪我が原因になることが多いのですが、加齢によっても傷つきやすくなります。

半月板はレントゲンには映りませんが、90%以上がMRIで診断できます。

関連記事

  1. ヘルニアの症状について

  2. 自律神経の乱れ、更年期障害

  3. 老眼対策のストレッチは目の周りの筋肉を鍛えることです

  4. 姿勢と新陳代謝の関係とは

  5. 産院でも産後に骨盤矯正を早く進められるにはメリットが多いから…

  6. ぎっくり腰は腰の捻挫?