自律神経失調症とは

自律神経失調症は全身の様々な部分を自動的にコントロールする神経が乱れる

自律神経失調症とは

自律神経失調症は全身の様々な部分を自動的にコントロールする神経が乱れることで、体調に異変が生じる疾患です。
特徴としては自覚症状があるのにも関わらず医療機関で該当箇所の検査を受けた際に異常は見つからず、一時的もしくは段階的に症状が現れる傾向を持ち、自律神経失調症は特定がやや困難とされています。

発症の原因は個人差がありますが、精神的な問題や性格・遺伝など多数の要素が絡んでいるほか、ストレスと生活習慣の影響で突然症状が現れる例も十分に想定できます。