ぎっくり腰は腰の捻挫?

ぎっくり腰は腰の捻挫?

ぎっくり腰は腰の捻挫と同等に扱われることが多いですが、厳密にはこの2つの間には差があります。

まず腰の捻挫ですが、腰部分の靭帯が損傷してしまう症状です。

これは交通事故や激しい運動などを行った際に、自分の体重が一瞬で腰にかからない限り起きにくいのです。

従って比較的まれなケースと言えるでしょう。

一方で、ぎっくり腰に襲われた際に最も損傷しやすい箇所は腰回りの筋肉です。

ですから、この場合は捻挫ではなく筋挫傷と呼ぶ方が正しいのです。

関連記事

  1. 片頭痛の症状は様々です

  2. 下半身のダイエット法

  3. ヘルニアの症状について

  4. 姿勢と新陳代謝の関係とは

  5. 産院でも産後に骨盤矯正を早く進められるにはメリットが多いから…

  6. ストレッチで太もものダイエット